死の5段階

エリザベス・キューブラー=ロス(Kübler-Ross)が提唱した、死の宣告を受けた患者の死の受容プロセスである『死の5段階』は、

1、孤立と否認

2、怒り

3、取り引き

4、抑うつ

5、受容

です。

 

しっかり覚えていきましょう。

覚え方

ずばり、

糸よ

で覚えられます。

 

僕はこれを、コーヒーの中から糸ようじを取り出すイメージで覚えています。

具体的な映像をつけておけば、思い出せる確率が上がります。

 

このフレーズは、

1、()立と () 認

2、 () り

3、 () り引き

4、抑う (よう) つ

5、 () 容

に由来します。

 

この問題を取りこぼすともったいないので、確実に覚えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました