PCC(クロロクロム酸ピリジニウム)【化学】

 

PCC(クロロクロム酸ピリジニウム) は、

薬剤師国家試験の化学領域においては、

第一級アルコールを酸化してアルデヒドを生成する反応

に使う試薬として知られています。

 

問題文の中で「PCC」と書かれていたときに、「PCCって何に使うんだっけ?」とならないためにも、ここで一工夫をしてみます。

 

PCCのCをサ行に読み変えて、

P『プチ』C『酸化』C

という単語をPとCに当てはめると、

アルデヒドまでは酸化できるけど、カルボン酸までは反応が進まない「プチ酸化試薬」

というイメージで覚えることができます。

 

Cをサ行に置き換える手法は、僕が国試勉強でよくやっていました。

皆様もぜひお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました