CHADS2スコア

心房細動患者における脳梗塞発症のリスクを評価するために、CHADS2スコアが使用されます。

その内容は、

Congestive heart failure:心不全→1点

Hypertension:高血圧→1点

Age:年齢(75歳以上) →1点

Diabetes Mellitus:糖尿病 →1点

Stroke / TIA:脳卒中、一過性脳虚血発作の既往→2点

です。

 

CHADS2スコアの内訳を覚えていないと、病態分野での取りこぼしが出てくるので、覚えておきましょう。

覚え方

英語力が高い人であれば、CHADS2の内訳はすぐに思いだせるのですが、

Congestive heart failure:心不全

は、英単語が長いので、難易度がやや難易度が高めかな? と思います。

心不全はとりあえず、

C→し→「し」ん不全→不全

と覚えておけば、間違いないかと思います。

 

次に、

Age:年齢(75歳以上)

の75歳は、日本では後期高齢者に当たる年齢なので、

AgeのAを「After」という英単語とも結びつけて、

After→「後期」高齢者→75歳以上

と覚えれば、年齢を思い出しやすくなります。

※後期高齢者の実際の英訳は latter-stage elderlyなどが該当するので、他の場面で使用するときはご注意ください。

 

最後に、

Stroke / TIAが2点

ということですが、

ここにTIAが含まれているため、

「T」IA→Two→2→2

と覚えれば、脳卒中、TIAの既往が2点ということを思い出しやすくなります。

 

TIA=「一」過性脳虚血発作なので、TIAを1点だと判断してしまわないように、

CHADS2の2を「Two」の英語に変えてしまい、

CHADS-Two

と最初から覚えてしまえば、間違いがありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました