非ニュートン流動【薬剤】

 

それぞれの非ニュートン流動の特徴と名称をきちんと対応させるため、覚え方を工夫します。

 

→じ→グラフも下に曲がっている。

 

→そ→「疎遠」という単語を連想

→グラフと原点は、見た目の上では離れている(疎遠)ように見える。

と覚えると覚えやすいです。

手書きで申し訳ないですが、イメージ図を作成しました。

ただし、今後の国家試験で、縦軸と横軸のDとSを入れ替えた問題が出題される可能性もあり得ると思いますので、単なる丸暗記はNGな内容です。

やはり可能な限り「理解して覚える」ということを意識して勉強するのが一番効率のよい勉強法になるでしょう。

今回紹介した非ニュートン流動の覚え方は、各流動の内容を理解した上で、補助的に使ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました