経口コントロールドリリース製剤の種類

DDSの分野において、経口コントロールドリリース製剤の種類には、

◎シングルユニットタイプ

レペタブ

ロンタブ

スパンタブ

グラデュメット

ワックスマトリックス

コンチンシステム

 

◎マルチプルユニットタイプ

顆粒型の放出制御製剤

スパンスル

スパスタブ

などがあります。

それぞれの剤形が持つ特徴を覚えておきましょう。

覚え方

◎シングルユニットタイプ

・レペタブ([Rep]etab)

[R]apidと、[sup]er(Repを逆から読む。super→超→と変換する)

→錠剤の外側から即放性、腸溶性の層の錠剤

 

ロンタブ(Lontab)

→ロン(ヒトの名前)の掃(そ)除(じ)

→錠剤の外側から、(そ)放性、徐(じ)放性の層の錠剤

 

スパンタブ

2層または3層の多層構造の即放性、徐放性の層を持つ

→層を[スパン]と切れる錠剤

 

・グラデュメット

多孔性のプラスチックを持つ錠剤

→[グラデュメット]と[プラスチック]の語感が近いことから思い出す。

 

・ワックスマトリックス

高分子ワックスに薬剤を分散させた錠剤

ワックス≒ロウ、なので、高分子化合物であることはイメージしやすいです。

 

ンチンステム

高級脂肪アルコールのマトリックスに薬剤を分散させた錠剤

→ 高(コ)級脂(シ)肪アルコール、で覚えられる。

 

◎マルチプルユニットタイプ

・顆粒型の放出制御製剤

・スパンスル

・スパスタブ

マルチプルユニットなので、[マルチ]から、2種類以上の製剤が含まれていることがイメージできる。

また、スパンスル(Spansule)のスル(sule)はカプセル(Capsule)に由来するので、カプセル型であることがわかる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました