局所麻酔薬のアミド型・エステル型の判別

局所麻酔薬は大きく2種類に分けられ、その代表的な物質には、

 

・アミド型

リドカイン、ジブカイン、メピバカイン、ブピバカイン オキセサゼインなど

 

・エステル型

プロカイン、オキシブプロカイン、アミノ安息香酸エチル、テトラカインなど

 

があります。

 

これらがアミド型か、エステル型か、ということも問われますので、判別できるようにしましょう。

覚え方

・薬品のカタカナ名濁点が付くもの

アミド型

カイン、ジカイン、メピカイン、カイン オキセサインなど

 

・薬品のカタカナ名濁点が付かないもの

エステル型

プロカイン、テトラカイン、アミノ安息香酸エチル など。

(注意:オキシプロカインは例外になりますが、プロカインのイメージで覚えておけば間違いは減ると思います。)

 

また、 化学の範囲にもなりますが、エステル型は加水分解されやすいため、麻酔の持続時間の長さも、おおむねエステル型<アミド型となっております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました