化学

国家試験

有機化学の転移反応

大学の薬学部や薬剤師国家試験で扱う有機化学の転移反応には、 Beckmann転移 Hofmann転移 Cope転移 Claisen転移 Curtius転移 Baeyer-Villiger酸化(転移) ...
国家試験

サザンブロット法・ノーザンブロット法・ウエスタンブロット法の区別

サザンブロット法・ノーザンブロット法・ウエスタンブロット法は、それぞれ何を検出する方法なのか、区別をつけられるようにしましょう。 覚え方 まず、ノーザンブロット法を覚えます。 ノーザンブロット法→「N」o「r」thern...
国家試験

ザンドマイヤー反応

ザンドマイヤー反応(Sandmeyer reaction)は、 芳香族ジアゾニウム塩(Ph-N+≡Nなど) + Cu-X(Cuは1価, X=ハロゲン) →Ph-X が生成する反応です。 この反応は、求核置換反応...
国家試験

アルキンの還元のLindler触媒・Birch還元

有機化学分野にて、アルキンをアルケンまで還元するときには、Lindler触媒による還元や、Birch還元があります。 このとき、それぞれ生成するアルケンはcis、transが異なる幾何異性体(立体異性体の一つ)になります。  ...
国家試験

α-アミノ酸の構造式の覚え方

α-アミノ酸は薬剤師国家試験に留まらず、高校化学や生物でも登場する、極めて重要な物質です。   α-アミノ酸の20種類の構造式は、国家試験的には生物、化学、物理、衛生、薬理など広範囲に関わってくる超重要事項ですが、きちんと覚え...
国家試験

プリン塩基・ピリミジン塩基の構造式の見分け方

プリン塩基(アデニン:A、グアニン:G)とピリミジン塩基(チミン:T、ウラシル:U、シトシン:C)を構造式で判別する能力は生物、物理、化学だけでなく、薬理分野などでも理解を深める学習には必須であり、薬剤師国家試験では超重要事項といっていい...
国家試験

酢酸ーマロン酸経路【化学】

酢酸ーマロン酸経路は、薬剤師国家試験では 「C2単位」で合成される物質が生成する経路 として有名です。 理解した上での覚え方 アセチルCoA(C2を持つ)とマロニルCoA(C3を持つ)の脱炭酸(CO2)を伴った...
国家試験

シキミ酸経路【化学】

  シキミ酸経路で合成されるのは、主に、 C6-C3骨格を持つフェニルプロパノイドです。 (シキミ酸経路でC6-C1骨格の物質に由来するゲラニインのような物質もありますが、やはりC6-C3骨格を持つ、ということはしっかり...
国家試験

PCC(クロロクロム酸ピリジニウム)【化学】

  PCC(クロロクロム酸ピリジニウム) は、 薬剤師国家試験の化学領域においては、 「第一級アルコールを酸化してアルデヒドを生成する反応」 に使う試薬として知られています。   問題文の中で「PC...
国家試験

DCC(アミドの合成に使う試薬)【化学】

DCC(N,N'-ジシクロヘキシルカルボジイミド)を逆から読むと、「CC『D』」と、Dが最後にくるので、思い切ってCCDを「ししど」と読むことにして、 CCD(ししど)→アミ「ド」 と、3文字つながり&最後に「ド」で覚えるのが...
タイトルとURLをコピーしました