保存料を構造式からざっくりと見分ける方法【衛生】

食品の保存料には、

安息香酸、ソルビン酸、プロピオン酸、パラオキシ安息香酸エステル類、デヒドロ酢酸ナトリウム

などがあります。

覚え方

ずばり、

カルボン酸もしくはエステル構造を持つ構造式

なら保存料の可能性が高いです。

下図の赤丸部分が、カルボン酸もしくはエステル構造の部位です。

没食子酸プロピル、EDTAなどもエステル構造がありますが、さすがにこれを保存料だと判断することは、普通に勉強してればまずないでしょう(この2つは酸化防止剤です)。

 

他の食品添加物もまとめてあります。以下のリンクからお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました