ザンドマイヤー反応

ザンドマイヤー反応(Sandmeyer reaction)は、

芳香族ジアゾニウム塩(Ph-N+≡Nなど) + Cu-X(Cuは1価, X=ハロゲン)

→Ph-X

が生成する反応です。

この反応は、求核置換反応で進むことも特徴です。

(芳香族化合物の置換反応は多くの場合、求電子置換反応で進みますが、ザンドマイヤー反応はこの例外になる反応の一つです。これ以上はこのサイトで取り扱う範囲を超えていますので、予備校などを利用して理解を深めてください。)

覚え方

ザン「ド」マイヤー反応→Cu

これだけを覚えておけば、「CuX」が反応式に入っていた場合、ザンドマイヤー反応かもしれない、ということを警戒して問題を解くことができます。

 

ただし、反応式の名称だけを覚えていても意味がありません。

反応機構や、反応の結果の生成物などを適切に答えられなければ、問題は解けません。

予備校などを利用して、冒頭で紹介したような特徴も「理解して」押さえてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました