ばい煙中のSOxに対するK値規制

工場などのばい煙の二酸化硫黄(SOx)についての一般排出基準は、

Q=K×10-3 × He2

の式で規制されています。

Q:硫黄酸化物SOxの許容排出量[m/h]
K:地域別に定められた定数。工場や事業所などの集積度に依存する。
He:有効煙突高さ(煙突実高さ+煙上昇高さ)[m]

  

薬剤師国家試験では、QとKの関係を理解しておきましょう。

QとKの考え方

QK×10-3 × He2

この式のQは「許容」排出量です。つまり、どの量までなら工場の煙突の煙からSOxを排出して良いか、ということを示しています。

このことを意識すれば、

K小さいほど(工場などの建物が密集している地域ほど)、Q小さくなる。つまり、SOx排出基準が厳しいということを示します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました