国家試験

ミスセンス変異・ナンセンス変異

DNAの塩基置換型の変異には、ミスセンス変異とナンセンス変異があります。   ・ミスセンス変異 DNA上の1塩基が変異して、転写で生成したmRNAのコドンが別のアミノ酸に対応するコドンとなるようなDNAの変異。 ・...
国家試験

抗不整脈薬

抗不整脈薬には Ⅰa群:キニジン、ジソピラミド、プロカインアミド、 シベンゾリン、アジマリン、ピルメノールなど Ⅰb群:リドカイン、メキシレチン、アプリンジン など Ⅰc群:ピルシカイニド、フレカイニド、プロパフェノン...
国家試験

CHADS2スコア

心房細動患者における脳梗塞発症のリスクを評価するために、CHADS2スコアが使用されます。 その内容は、 Congestive heart failure:心不全→1点 Hypertension:高血圧→1点 ...
雑記

薬袋の代わりに他の容器を使うことができない法的根拠とは?

かつて私は大学時代のとある座学で、 薬袋の作成義務 を定めた法的根拠は、 ・薬剤師法 第二十五条 ・薬剤師法施行規則 第十四条 の2つの条文であると、教わったことがあります。   これらの条...
国家試験

打錠障害の種類と覚え方

錠剤の製造の際に発生する打錠障害には、 ☆ 結合剤不足などで生じる打錠障害 ・キャッピング(錠剤の上面または下面部分が剥離する) ・ラミネーション (錠剤の中間部が剥離する)   ☆ 結合剤過剰などで生じる...
国家試験

受容体とGタンパク・チャネルの対応

受容体については、α受容体、β受容体、N受容体など、それぞれが、 ・Gタンパク共役型受容体 ・イオンチャネル内蔵型受容体 ・チロシンキナーゼ型受容体(酵素内蔵型受容体の1つ) などの、どの受容体の分類に当てはまるか...
国家試験

不飽和脂肪酸の二重結合の位置を示すΔ(デルタ)

不飽和脂肪酸を表す表記には様々なものがあります。   この記事ではリノール酸を例に、話を進めます。 リノール酸は、 「n-6系不飽和脂肪酸(=ω-6系不飽和脂肪酸)」という種類に区分されます。 また、 ...
国家試験

ウイルスは何を暗記しておくべきか【番外編】

微生物学、薬理学などの分野で必要となるウイルスについてですが、 DNAウイルス、RNAウイルス、ウイルスがエンベロープを持つかどうかなども国試では覚えなくてはなりません。   これについては私も有効なユニーク暗記テクニッ...
国家試験

オッズ比

オッズ比を計算する問題でよくあるパターンは、問題文内で述べられている出来事をいろいろと複雑にして、単なる丸暗記では解答できないようにしている、というものです。   ただし、オッズ比は計算に必要となる正しい表をきちんと作れること...
国家試験

NYHA分類と心不全治療薬

心不全のNYHA分類による薬物治療でどの薬を使うかということは、国試では複合問題を解く上で特に重要になってきます。   最低でも、軽度~中度の心不全の治療薬は押さえていないと、国試の問題では苦労すると思います。 覚えてい...
タイトルとURLをコピーしました